吉原朋弘 [誰に届くことにない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

お別れ。

人は皆終わりに向かって歩いている

 

どんなに長い人生だとしても

 

必ず終わりを迎える

 

働いて蓄えて保険をかけて

 

安心を求めて

 

その終わりが訪れるときの

 

不安や悲しみから

 

少しでも逃れられるように

 

その準備をするかのように

 

歩いている。

 

 

お別れの時が来ると

 

当たり前に、いつも目の前にあるはずの

 

人としての末路を考えさせられる。

 

 

たくさんの感謝と

 

たくさんの思い出と

 

涙が溢れて

 

最後の時が訪れると

 

とてつもない絶望を

 

全身で受け止めながら

 

悲しみと後悔に

 

埋め尽くされる

 

 

 

その都度

 

そのたびに

 

日々生きていくなかで

 

何かを変えたいと強く思う

 

何もできない自分をせめたりして。

 

 

でも人間は忘れる生き物だから

 

またすぐに

 

忘れて日常に追いかけられて

 

いるんだろう。

 

 

 

それでもね

 

確かにいま

 

感じていること。

 

 

 

 

 

おばあちゃん。

 

 

 

あなたがいなければ

 

僕はこの世にいなかったということ

 

あたりまえだけど

 

言葉で書くほどに不思議な

 

確かなこと。

 

 

 

自分の父親にとって

 

母親であり、

 

その二人の親子としての歩みがなければ

 

自分の母親に出会うことも

 

僕も姉も妹も

 

存在しなかったということ。

 

 

 

ばーちゃんにとって

 

ろくでもない孫であっただろう

 

ほんとたくさん面倒かけたね。

 

ごめんね。

 

いつもありがとう。

 

 

 

子供の頃

 

毎年、夏休みに会える

 

特別な存在だった。

 

 

 

千葉なんて埼玉から

 

すぐなのに、

 

その頃はとても遠く感じて。

 

だから余計に特別だった。

 

嬉しかった。暑い夏の日でも

 

いつも元気な笑顔で

 

僕らを

 

出迎えてくれた。

 

 

 

毎回ドキドキしていた。

 

学年が上がるたび、毎年

 

なんて言って、挨拶しようか迷っていた。

 

もう敬語で話さなきゃなのか、ちゃんと挨拶できるかって。

 

 

玄関から出てくるばーちゃんは

 

そんな僕の心配をかき消してくれるくらい

 

大きな声で、ぼくら3人の顔を見て

 

とても喜んでくれた。

 

うれしかったよ。

 

 

毎回、お小遣いをくれて

 

5百円玉もらって、駄菓子屋に行こうとすると

 

色のついた駄菓子は買っちゃダメだとか

 

道を渡るとき、車が来るからとか

 

いろいろ細かいところが

 

父親にそっくりで。

 

それもうれしかった。

 

 

みんなで、花札やろうやろうって

 

毎年やり方を忘れてるくせに

 

一日中ずっと僕らを面倒見てくれた。

 

 

ばーちゃん家には、モコという犬がいて

 

僕が行くと、モコもとても喜んでくれて

 

庭で野球ボールで一緒に遊ぶ姿を見て

 

ばーちゃんはすごく嬉しそうに

 

大きな声で僕とモコの名前を呼んでくれた。

 

 

 

いつもしっかりとした言葉で

 

はっきりとした性格で

 

とても知的な人。

 

 

有名なテレビクイズ番組のアタックチャンス

 

優勝して、みんなを鳩屋に招待してくれたり

 

ずっと働いていた千葉のとんでんには

 

もう仕事をやめた後なのに、

 

家族で食べに行くと

 

従業員のみなさん全員が

 

頭を下げて迎えてくれて、お土産まで用意してくれて

 

全員に慕われるすごい人だった。

 

僕らにとって自慢のばーちゃんであり

 

人としてとても尊敬できる祖母でした。

 

 

 

 

先週

 

父親に変わり、病院に一泊した

 

その日、もしかしたら

 

お別れになってしまうかもしれないってくらい

 

血圧も酸素も下がっていて

 

朝までずーっと

 

ばーちゃんの手をとって

 

明日にはみんな駆けつけるから

 

頑張ろうっ。と

 

また夏が来たらみんなで、とんでん行こう。と

 

声をかけると

 

頷きながら、もがきながら

 

ときたま目を開き、ごめんね…と取れる口の動きを見せて

 

僕を気遣いながら、朝までがんばってくれた。

 

次の日は

 

血圧も80くらいまで戻り、

 

みんなが来た頃には

 

兄弟の名前を呼んでくれるくらいまで

 

意識が戻っていたそうで。

 

少し

 

無理に頑張らせてしまったかな。

 

ごめんね。ありがとう。

 

よくがんばってくれたね。

 

 

 

 

それから今日まで

 

とても辛い日々だったろう。

 

でも、その間に

 

いろんな人が訪れてくれて

 

最後まで見届けていた父親

 

とても辛かっただろうけど

 

どこか少し安心している気もする。

 

ほんとにおつかれさま。

 

 

夏。

 

もうばーちゃんもモコもいないけど

 

必ず

 

遊びに行こうと思う。

 

たくさん

 

僕らの思い出と成長が残っている

 

おばあちゃんの家に。

 

とうぶん、涙が止まりそうにない。

 

 

お通夜も告別式も

 

みなさんをお出迎えする受付係なので

 

それくらいは

 

しっかりしたところ、見せないと。

 

がんばるよ。

 

これからも、ずっと忘れない。夏が来れば

 

いつでも会いに行ける。

 

いろんな思い出とともに。

 

ありがとう。おばあちゃん。

 

f:id:matutake19:20160724225118p:image

  

わりきり。


だめでもともと

ひとまず

怒られても前へ進む

モチベーションを保って

最後まで走る。

今は仕事とデザインを覚える。

資格は来年に向けて毎日勉強する。

考えることから

逃げない。

さぁ。リスタート。

継続あるのみ!
f:id:matutake19:20160528003841j:image

不老川。笑

歳はとるけど

心は永遠さ。

主体性

ひとつ。またひとつ。

 

そんな音楽を中心にイベントを行わせて頂いた。

 

テーマは

 

「日常に、感動と、音楽を」

 

これの主な取り組み方としては

 

例えば、何かイベントがあり、終えるまで

 

数々の出来事がある。

 

そこにこそ、何か自分たちがとらえやすい感動が

 

あるのではないかということ。

 

 

そこを、あえて見せることは

 

通常なら必要のないこと。

 

まして、お金をいただくイベントとする場合

 

そこは後で知れば、それはそれでいいことで

 

結果を見て、その一瞬を感じ取り

 

感動するか、はたまた記憶に残るか、

 

それがすべてと言われれば、そうである。

 

 

僕が、映画を見るとき

 

いつもきまってノンフィクション映画から

 

選んでしまうのは、

 

そこにある。

 

結果をいち早く知らせてくれる

 

世の中やマスコミがあって

 

どうしてそうなった?

 

何がこの結果産み出したんだろう?

 

そこが面白かったりする。

 

それが、自分たちの生活に

 

近ければ近いほど。

 

興味がわく。

 

 

今、世の中では、日常のありきたりな

 

一枚の写真や、動画、一瞬の感動に

 

SNSなどを通して

 

多くのサポーターがいるわけで。

 

手法としては、

 

結果を見た後、よりその世界深く知るための

 

方法として、後に記録が販売されたり。

 

 

その入り方を少し変えた方法をとってみたいと

 

思って、いまだ作っただけで

 

動かしていない、動画を中心としたサイト

 

「THE SCENARIO OF LIFE」

 

検索すると出てくる。まだ作成中だけど。。。

 

生活の中に、あらゆる物語があり

 

それがグッドエンドなのか、バッドエンドなのか、、、

 

もしくは、エンドにたどり着かないかもしれない。

 

そんなサクセスストーリーを追って行ったらどうか。。

 

それを日頃の活力に、サポーターと共に

 

一緒に生活を共にしていく。

 

「今日はなにがあった?」「今日はこんなことがあった。」

 

そんな会話もないのに、一生懸命に毎日を生きる

 

人たちをフォーカスするという入口。

 

そして、その人たちが、いったい何を起こそうとしているのか?

 

それが、どんなものを作り上げるのか?

 

記録とし残っていくわけなので、

 

もちろん残される側にも、緊張はあるだろうし。

 

それが、たとえばひとつの感動を産み出したら。

 

ひょんな日頃の1ページが

 

何か特別な感動につながっているとしたら。。。

 

でもきっと、僕らはいつもそんな日常を繰り返していて

 

とらえ方で、どうにでも変わる日常を行き来しているということ。

 

きっとそうなんだと思う。

 

だから、集めてみたいんだな。感動のいくつかを

 

集めるまでの、経過を残しても面白いんじゃないかって思う。

 

後で見てもいい、毎日みてもいい。

 

「一緒に日常という旅をしようではないか。」

 

そんな感じ。

 

時間ができてきたら、

 

すすめていこうと思う。

 

その考え方をまとめておきます。

 

音楽主体のイベントBOBROCKETも

 

今回、たくさんいろんなこと学んだし

 

次回からイベントのテーマをはっきりさせてみようかな。

 

ひとことでわテーマ

 

いまひとつあるのは、こんな感じ

 

「BORN TO BE MUSIC WORLD」

 

規模デカすぎるか・・・。笑

日々の思い出と日々の出会い

ながーーい、だらーとした文章かくことにしました。

先に言っておきまーす。笑

暇人か!σ(^_^;)





日曜日ははMILESAWAY OTO FES VOL,3でした。

思えばGWも、始まりにはsmiles cafe に呼んでいただき、

たくさんの素敵な人たちに出会い

話し笑い歌いはしゃぎ

そして

GWのラストの夜は

思いっきりみんなで、バンプのスーパーノバを大合唱させていただき

マイルズアウェイのてんちょー、きのっぴさんには

すごくお世話になってしまいました。

たくさん自由にやらせていただき

ありがとうございました。


イベント、BOBROCKET weekendもこれにて終了。


まだ半年。されど半年。


この出会いの数々。

すげーなぁ。なんていうんだろなぁ。人に出会うって

出会えるって

すごく幸せだなって。



みんな

僕が声をかけてくれてって

言ってくれるんだけどさ。うれしいんだけどさ


実は逆だったりするのよな?笑


みんなと、出会えたから

それぞれ一人一人と出会い

話すきっかけをくれたから

僕も、じゃーやってみようと思えたわけで。

一人でやろうなんて

思わないわけさ。

みやじくんが、

やりましょう!って言ってわがままな俺につき合ってくれなければ始めなかったかもだし

ルーシさんに出会い、いつだって、歌いなさいって言ってくれて

じゅんさんが、いつも穏やかに僕らのバカな姿をみて微笑んでくれていて

ふじわらさんが、典子さんもパパさんもいないのに

裏口開けておくから練習しててーって。帰ってきてパン焼いてコーヒーくれて

みんなよんでおいでーって言ってくれて

はるかちゃんが、歌え歌えと言ってくれるから、素敵なクリスマスイベントが出来たり

えーちゃんだってわざわざ入間まで来てくれて、めっちゃギターかっこよく合わせてくれて

しんいちくんなんて、もう10年だよ?笑
いつになったって一緒にバカ笑いしてくれて、たくさん歌を歌ってくれる

みおりちゃんは毎回イベントあるたびお店一生懸命回してくれて

高田さんはいっつもマーカス行ったら面白いな〜お前はって笑ってくれて、オムライスめちゃうまくて

かっきーさんは、本当はきっとすごい真面目な努力家なのに、テキトーな僕みたいのにいっつもかまってくれるし

はぎにーなんて、もう会いに行っただけで喜んでくれるし、奥さんお土産までくれるし

金沢さんなんか見に来てくれただけじゃなく、めっちゃ盛り上げてくれてー

やもとさんはぜーんぶ、録画してお店にまで記録残してくれて毎回差し入れくれてー

マーカスさんで出会ったみんな、ほとんどみんな次のライブ見に来てくれてー

打ち上げで、じょんのび行けば、いっつも店長とたくまくんが大歓迎で待っててくれてー

お刺身あれ以来、他で全然食べなくなったし
美味しすぎて

公園行けば、ヒロくんもいるし、輪島さんやみなさんに会えて、すぐ笑い話できるし

夜は夜でも小林さんいてくれるし

小林さんが僕らを紹介してくれてなければ、公園での出会いもなく

ミレイさんやご主人さん、音響やってくれた加藤さんや、マイルズアウェイのみんなにだって会わなかっただろう。

直島おいでーから

いくよーって言ったら

こはぎにーも、あゆみてんちょーも、社長も、みーんなとても喜んでくれるし

すげー嬉しいんだからねーこっちだってほんと。

ありたくんや、あこぎたいしくんや、けんちゃんや、はましょーくんや

島のみーんなと出会えたし、歌えたし

かっちゃんにも会いたいしーベース聞きたいしー

こはぎにーに出会ってなかったら、大月さんと3人でスタジオ入るなんていう奇跡起こらなかったしー

大月さんのライブにだって行けてなかっただろうし

相方の悠くんは、いつも俺のワガママをぜーんぶ聞いていつも隣にきてフォローしてくれるし


ちあきちゃんなんて、初めましてなのにライブも路上ライブもぜーんぶ手伝ってくれて盛り上げてくれて

高松では、路上やって出会えたうどん屋さんのお母さんにも出会えたし

なかなか忘れられない旅になったのは、言うまでもなくリトルプラムのみんな、そして島のみんな、相方ゆうくん、ちあきちゃんのおかげで。


入間帰れば、スマイルズカフェ呼んでもらえて

とてもたくさんの人と話すきっかけをもらって

それ以上に素敵な笑顔をたくさんもらって

音フェスにもご家族で来てくれたり


マイルズいけば、いっつも誰かしらいて

閉店までわいわいやっちゃうし

てんちょーは、休憩中に行ったって、たくさん話をしてくれて、ライブ一緒にやろう!まで言ってくれて

きのっぴさんは、たくさんの事をこなしながら忙しいのに、僕みたいのをいっつもかまってくれて

きたむーだって、マイルズで出会ってなかったら、このBOBROCKET weekendもだいぶ違うものになってたし、すごく感謝してるし

くぼっちにも出会って半年、とても真っ直ぐで仲間を大切にする人だなーって。すごく良いとこが歌やステージにも出てて勉強になるし

としくんも半年前に出会い、くぼっちといつも一緒で。バンドもすごく刺激になったし、音楽大好きなんだなーってこっちまで嬉しくなるし

けんいちろーくんはねー、真面目なんだなってすごく感じるし、最後のマイルズボブなんて、ほとんどけんちゃんに救われてたイベントになったし

たっちーだってオッズボックスのライブの無茶振りから、僕のこと覚えててくれてたし

まっちゃんとは、マイルズで出会ってから僕の勝手な発案に、生活も慌ただしく忙しい中練習合わせてきてくれて、一緒にステージに立てて嬉しかったし

エリナちゃんとなんて、きたむーと出会ってなければ、もしかしたら一生会えなかったかもだし、とても素敵な歌声に、すごく刺激を受けたし

地元の同窓会行ったら、もりしんもライブ来てくれて、すごい嬉しかったし

なかやんは毎回必ず見に来てくれるし

志田原さんや、田中さん、鏡味さんみーんなイベントに顔だしてくれるし

どれもこれも、すごい出会いで。




音楽ってすごいなぁ。

僕にとって

唯一自由でいられるもの

そして、自由で許されるもの。

昔、路上に立ったときから変わらない

自由なんだ。音楽は。

その言葉どおり。

うまいとか下手じゃなくで

単に感情の溢れ出たものが

メロディを奏でる

リズムを刻む

たとえ楽器がなかったとしても

僕らは手を叩き

歌うんだろう。

マーカスライブの大合唱のように。
彩の森カフェの大合唱のように。
マイルズボブの大合唱のように。

そう。自由に歌うのだろう。

そうやって

僕らは今たしかに

あなたと、ここにいるってことを

共に生きているってことを

感じたりしている。わけで、、、

少しは昔の感覚を

取り戻せだろうか…

疲れたら、ちょっと時間できたら

あきらさんのお店にいこー。

さくちゃんのお店にも行きたいなー。

たぶん地元のみんなに会うので

休日なんてすぐ終わってしまうかもだけど。。。



会いたい人がいるって。素敵なことだね。



今日も

今ここにいる意味を

考えたりする。



自分にできること

自分がやらなければいけないこと

これからのこと。


自分が見たかった世界

いつもみんなのいる場所にあるんだってこと。


改めて感じて、こんな長い文を

書いています。



共に

ひと時を、共有してくれた

たくさんの友達

たくさんのお客さま

たくさんの笑顔に

感謝しています。

ありがとうございます。



終わりは

始まりということ。


また近く、

ゆくゆくは全員

出れるようなこと

考えたい。

誰のイベントじゃなく

誰の地元なんではなく

それぞれが

主役であり

それぞれの

ホームと呼べる、地元ならではの音楽祭。

まだ遠い話だけど

みんなのおかげで

そう遠くないものだと

感じたりもしています。


また近く

会いましょう。

かならず。

ありがとう。



今日も夜を一人

走り続けるけれど

一人じゃないんだなって

たくさんの思い出を振り返りながら

明日を目指せそうです。

いつも、ありがとうございます。



みんなのステージ。イベントBOBROCKET。

これからも、よろしくお願いします。


きっと



あなたが一緒に

歌ってくれるのなら。

笑ってくれるのなら。

ずーっと続きます。

音楽はそういうものなんだ。


とも

f:id:matutake19:20160511213549j:image

マイルズで見つけたいいことば

NO SMILE  NO  LIFE

0429

芝生の上  座り込み砂の付いたズボン

ギターをもって、周りを見渡すと

たくさんの人たちがいてキラキラしてる

汗をかいて笑ってるのか歌ってるのか

わからない。

でも歌う。

気づくとたくさんの人と会話を交わし

笑顔は溢れ、どこを見渡しても

どこに行けば誰に会えるのか

わかるくらい。

子供達が駆け回り

大人だったことを

わすれるくらい。

夕方の自転車をこいで

帰ると同時に風呂に入り

日焼けが少ししみる感じ。

いつぶりだろう?小学校の少年野球以来?

わからない。

でも残る。

たしかに記憶に残る。

すごいことだろう。残るって。


みなさんにとっても

思い出に残るイベントだったのでは?

てんちょー、きのっぴさんお疲れ様でした。

出店の皆様、お疲れ様でした。

素敵なイベントに声をかけてくれて

笑顔をたくさんいただきまして

ありがとうございました。

また来年。

また明日。って大きな声で

叫んでいた遠い日を

思い出しながら、たくさん

寝ましたとさ。

ありがとうございます。スマイルズカフェ。




届くといい。遠い街で

笑顔を必要としている

あなたのもとへ。

f:id:matutake19:20160430093959j:image

スマイル商店川名さん作


人として。

f:id:matutake19:20160419003920j:image

明かりの灯らない夜

帰り道をなくし

助けを待ち

すごしている

人たちへ。

いま何が必要ですか?

僕らに何ができますか?



何でもいい。

机上でどうしようもない

ルールに縛られて

何もできない人間の群れには

いたくない。


同じ人間として

人として。

出来ることを一つでも。

やってみよう。


行動がすべて。

目にうつるものが

すべて真実なのだから。


目の前のことには冷静に、と手なずけ

行動すらせず、動くこともできない

人間にはならない。


上からの指示を仰がなければ

まるで他人事のように

自分だけは安心して暮らしているような

そのためのパフォーマンスに

日々務めるような

過半数の群衆には従わない。

MINORITY



これは、遠い地の知らない所で

起こっていることではないんだ

僕らが毎日生きている

この国で起こっていることなんだ。

なんだって出来る。

考えたなら、すぐに行動にでよう。



もう朝だ

しゃーない。しゃーない。
やるっきゃない。
気分一新。

GREENDAY she's a revel
weezer  THE girl got HOT

携帯なおるどころか、悪くなってるし!f^_^;)

なぜだか朝から足が軽い

歌うとやっぱり違うかも。
GWまでエンジン上げていきます。
全部仕事のようなものだけど。