Tomo_yoshihara [誰に届くことのない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

ありがとうございました。

f:id:matutake19:20150921093727j:image
昨日の、久々に暑い晴天の中

僕の育った入間市のみなさん

市役所の商工課のみなさん

PA、機材等ご準備いただいたみなさん

イベント企画に携わっていただいた企業のみなさん

そして中村ひろしくん

込ビトのたくまくん、みやじくん

参加していただいた、多くの方々

そしてなにより、

遠い遠い入間市という地まで

見に来てくださったみなさん

ジョンソンタウンのみなさん

カフェ彩の森のオーナー折居さんご夫婦

アルバイトの学生さん

お暑い中、本当にありがとうございました。


ひとつの出来事を

やり遂げたい。と

ここまで感じたのは

いつぶりか。

お店は入間市駅から

あれだけ遠いにも関わらず

お客さんの嵐だったようで。

うれしい悲鳴をあげていました。笑


公園は和やかに親子連れの方々から

たくさん暖かい拍手と

元気のいい掛け声、手拍子をいただきました。

本当にありがとうございました。


今回

地元入間でのイベントという

素晴らしい舞台に呼んでくれた

中村ひろしくんに、まず感謝をしています。

ありがとう!


この話が決まってから、

おそらく一人では、限界があるだろうと

感じてきたことがいくつかありました。


でも、僕らには

音楽や表現というものが持つ

感動や情熱を知っている者として

それを、いろんな人に感じてもらいたい!という

不思議な感覚があって。

そして、それが生み出す多くの方々の

笑顔を見てきたからこそ

それが見てみたくて。

ただ、それだけが

動く活力だった気がします。



地元でこれだけの事が出来るって

これだけの笑顔や拍手が起こるって

すばらしい事だなと

改めて考えさせられました。


また、僕が音楽活動を行っていた頃とは

いろいろなものが変化し

いろんな不安の中、最後までステージに立つ事ができたのは

紛れもなく、同じようにそれぞれの音楽の道を歩んできた

仲間がいたからであって。

最初から最後まで一緒にライブを作ってくれた

込ビトのたくまくん、みやじくん。

彼らが日々、夜な夜な歌い練習し

くたびれた顔をして

日常の仕事に向かい、繰り返し

また明日…また明日…

毎夜、朝になるまで

公園で叫び続けた。

そうやって動こうとする姿勢をみていて

自分にできる事は、ただただ

一緒に一つの目標を目指すこと。

そこまでたどり着くために、

ときに肩を借り

ときに心を奮い立たせ

辛い日々を、互いに楽しみに変えてゆけるよう

そういう気持ちの部分でしかなかったけど。


でもきっと

これが僕らにとって、入間市にとって

はじめての試みであったように

そして、カフェ彩の森という

地元のお店ではじめて

自分たちが企画したイベントを行わせていただけたこと。


ほんとに大きな一歩になったのではないかなと

思っています。


結果

足りないもの、

満足いかないもの、

もっと出来たのではとか

地元ならではの難しい部分

たくさんあったと思います。

でも、きっとこの歩みを止めてしまえば

僕らはきっと

当たり前の日常の中で

そんな感動や感情すら

また遠い記憶として

懐かしかったなーと思えるだけの

ただの思い出として

忘れていってしまうから。



あらためて振り返り

また次の場所へ。

動ける力がある限り

やっていきたいなと思っています。


この気持ちがあるから

また今日からの

仕事へのエネルギーになっていくし

時間をかけて

また新たな

感動と笑顔に出会うため

歩んで行けると思っています。


昨日終えたばかりなのに

また頭の中では

あらぬ次回作を

企んでいるという。笑


いつか、一つの感動を作れるだけの

大きなプロジェクトへ向けて

地元入間市から始められたことに

感謝しています。

ありがとう。みんなへ。

f:id:matutake19:20150921092805j:image
f:id:matutake19:20150921092931j:image
f:id:matutake19:20150921093021j:imagef:id:matutake19:20150921093030j:image
f:id:matutake19:20150921093044j:image
f:id:matutake19:20150921093101j:image
f:id:matutake19:20150921093704j:image
f:id:matutake19:20150921093712j:image