Tomo_yoshihara [誰に届くことのない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

人間

何かが

何か得体の知れない

輝きを放ちかけている

何かが

ふと見えたとしたら



わずかだけど

たしかに

形のない感触を

覚えたとしたら


動き始めるかい?

その何かを見にいこうとするかい?

手を伸ばしてみようって

走って追いかけてみようって

思えるかい?



やり方も、動き方も

進んでるかも

後退してるかもわからないけど

前に、前にって

思える自分はいるかい?


それとも

怖いからやめておこうか?

それか

どうせいつものように

途中で諦めるから

もういい年だし

そういうのは止しておこうって

思うのかな?


さて

答えはどちらも

正しくないのかも。

でも、

選びたいのは

どっちかはっきりしている。

僕の答えは。


そう。

毎日を変わりなく

しょうがないと言って

終わらせたくない。

だから答えは決まっている。





18の頃

自分で決めた道を

どれくらいそれたかな?

それてもまだ

どうしようもなく

ここにいる。



それは意味があるからかな。

そう、意味があるから。

いま僕が立ち止まり

振り返り

ここにいることは

歩んできた道と

これから歩んでゆく道があるから

ここにいる。

かっこよくもない

だっさい、しょうもないもの

積み上げていくだろう

どうしようもない人間に

なってやろう。

なぜだか

笑が止まらない。

あほらしい。

きょうはこれくらいにして。

おやすみなさい。
f:id:matutake19:20150924225415j:image