Tomo_yoshihara [誰に届くことのない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

二旅(ふたたび)

二旅 歩き出した 悲しい出来事 涙も背負って
もう大丈夫 心配かけたね 僕はこれから僕を取り戻す 旅へ 

期待を裏切ってきた 望まなくても いつか訪れるのにね
後悔をいくつ重ねて 希望はもうすり減ってしまったけど

僕なりの 償いは いつの日か 許されるだろうか?

赤く 赤く 染まる 空をみて笑った 
あの頃僕たちは 風のように歌い
日々を 駆け抜けていた 描けそうで描けない青春を 探し 続けて


二旅 歌い合える この声二つに 思いをこめるだけで
喜び溢れていた 僕には君が 君には僕がいて

どこにだって 行けそうな 気がしていた たとえ道を外れても

青く 青く にじむ空へ 手をのばして
つかめそうもない 夢を 
信じ切ったまま
僕ら 魅ていたんだ 決して消えない
愚かでも構わない
色鮮やかな未来を


君といつか また会えたら 僕のこと 許してくれるだろうか?

赤く 赤く 染まる 空をみて笑った 
今でも僕たちは 風とともに歌い

青く 青く にじむ空へ 手をのばして
つかめそうもない 夢を
信じ切ったまま

青春を 探し 続けて…