吉原朋弘 [誰に届くことにない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

ニュース

手で目を覆い隠しながら

見たくもないニュースを

読まなければいけない現実

見る見るうちに涙は溢れ

見たこともない人間の憎しみを

感じ取ってしまえる

その場にいたこともなければ

その場を知らずして何が言えるわけでもない

ただ

悲しみに飲み込まれる世界を

望む人間なんていない

なぜ人が人の命を奪い合うのか

それを繰り返すのか

いつか訪れたほんのわずかな平和を

覚えているのなら

それを望むのなら

どうか悲劇を繰り返さないで欲しい

憎しみあうのなら

武力も宗教も政治も権力も報復も捨てて

新しい道を歩みだす方法を

考えることにエネルギーを費やそう。

過去を変えられる今があるのなら

今を受け止めて未来へと進む勇気を持たなきゃいけない

戦争から、未来は生まれないんだ
f:id:matutake19:20151118011624j:image