吉原朋弘 [誰に届くことにない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

0429

芝生の上  座り込み砂の付いたズボン

ギターをもって、周りを見渡すと

たくさんの人たちがいてキラキラしてる

汗をかいて笑ってるのか歌ってるのか

わからない。

でも歌う。

気づくとたくさんの人と会話を交わし

笑顔は溢れ、どこを見渡しても

どこに行けば誰に会えるのか

わかるくらい。

子供達が駆け回り

大人だったことを

わすれるくらい。

夕方の自転車をこいで

帰ると同時に風呂に入り

日焼けが少ししみる感じ。

いつぶりだろう?小学校の少年野球以来?

わからない。

でも残る。

たしかに記憶に残る。

すごいことだろう。残るって。


みなさんにとっても

思い出に残るイベントだったのでは?

てんちょー、きのっぴさんお疲れ様でした。

出店の皆様、お疲れ様でした。

素敵なイベントに声をかけてくれて

笑顔をたくさんいただきまして

ありがとうございました。

また来年。

また明日。って大きな声で

叫んでいた遠い日を

思い出しながら、たくさん

寝ましたとさ。

ありがとうございます。スマイルズカフェ。




届くといい。遠い街で

笑顔を必要としている

あなたのもとへ。

f:id:matutake19:20160430093959j:image

スマイル商店川名さん作