読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉原朋弘 [誰に届くことにない日常]

自分なりの思ったこと。感じたこと。ありのままに。心のままに。

現在(いま)

見たこともない世界へ

身を乗り出していたら

いつの間にか動きはじめていただけ

 

不器用な性格で

新しく描いた地図と

いまにも折れそうな思いひとつで

 

僕は生きている。
まだここで息をしている。
たくさんの支えの中に。

 

「いつか 会いたい人がいるよ」
これは叶わない願い。
それでも僕が生きる理由(意味)は
現在(ここ)にあるから


未来はいつだって

当たり前のようにあった
決して裕福じゃない幸せさえあれば

 

僕は知らなかった

朝は無限じゃなくて
だれも迎えに来ないこともあるって

 

いつもそばにいた
ありふれた風景は
いまでも心の中に…

 

「いつか 会いたい人がいるよ 」
これは僕にとって、そう
「何より大切な思い」
いつも目の前にある

 

明日が訪れることも
約束のかけらも
残されてしまった
ごめんねの数々も
ありがとうの言葉も
伝えられなかった愛も
叶えられるのは
そう、現在(いま)

 

「いま 会いたい人がいるよ」
それを叶えるために
僕は今日も朝を迎えに行く
現在(ここ)にいるから

 

会いたい人はいますか?
それに気づいていますか?
いつも目の前にある思い
届いていますか?

 

会いたい人がいるよ
これは叶わない願い
それでも僕が生きる理由(意味)は
現在(ここ)にあるから